2017年2月16日木曜日

Pitts S-2S 整備作業 7


2月。春らしくなりました。今朝はいい天気。歩いて来ました。




バッフルの大まかな調整が終わり、エンジンの取り付けに入ります。エンジンは4本のAN8ボルトでエンジンマウントに取り付けられます。




・・・入りません。Pitts S-2Sのエンジンマウントは下側の寸法が短いため、エンジンマウントを先に機体に取り付けてしまうと、下側2本のボルトは入らないのです。すっかり忘れていました。再度、エンジンマウントを外し・・・




準備完了です。




エンジンの取り付けは緊張する作業です。慎重に、慎重に。




ボルトが入らないときは何度やっても上手く入りません。人の力でどうなるものではありませんから、意外にも非力な人間の方が得意な作業だったりします。




でもやはり入らないこともあります。おやつにしましょう。




おいしい。 




ついに4本のボルトが入りました。配線や配管などは後に作業するとして、尾翼の取り付け作業に移ります。




今回の改修作業で、水平安定板を計8本のブレースワイヤーで支えるようにします。高迎角時の水平安定板の振動を解消し、剛性と信頼性の向上が期待できます。




去年の作業中の写真です。後側が4本のブレースワイヤ―、前側は下にストラットで固定されていました。




まずは後ろ側の4本を取り付け。




垂直尾翼の前側ブレースワイヤー取り付け部は昨年取り付けました。




計8本のブレースワイヤーが取り付けられました。




続いて、エレベーターを取り付けます。




水平安定板の面積はおよそ12.9%減少しました。タンブル系が楽しみです。




形状を変えても違和感はないように思えますが、いかがでしょうか。Pittsとしての形は崩したくなかったので安心しました。




オレンジ―ピール(ゆず皮上の塗装面の凹凸)となってしまった塗装表面は、尾翼のみ平滑に仕上げました。I-ストラットは形状が複雑なため、諦めてこのまま使用します。




オレンジ―ピールが目立つ塗装表面が残念です。でも、主翼とI-ストラットの取り付け部の隙間はきれいに埋まりました。満足です。




I-ストラット下側。ここも満足です。

まだ続きます。

2017年2月8日水曜日

Pitts S-2S 整備作業 6

整備作業の話題ばかりです。3月にはTutima Academyの職場に完全復帰しなくてはならないため、毎日忙しく過ごしています。先週は私のエアショー&競技飛行のコーチである鐘尾さんが、曲技飛行訓練と、整備作業のお手伝いにいらっしゃいました。ありがとうございます。




おはようございます。ゆっくり休めたでしょうか?




鐘尾さん、スクーターと散歩へ。作業が終わったら、またツーリングへ出かけてみたいです。




下塗りを終えた部品をサンディングし、平滑に仕上げます。




今回の部品数は7点。去年は胴体を一緒に作業していただきました。




今年は必要最小限に薄く塗ることができ、サンディングも軽快に進みました。






Good!です。 




糸の縫い目の間は傷つけやすいのですが、きれいに仕上げてくださいました。




塗装場のT-6や設備を外に出し、中を掃除します。




ポリウレタン系塗料を使用しますので、完全防護です。




午後5時。塗装開始!




失敗しました。 塗膜の垂れ、オレンジピール(表面が凹凸になること)、HVLPのスプレーシステムはどうも上手にいきません。夜間の作業で明るさが足りず、マスクが曇ってよく見えなかったことも原因です。2-3日待って、再塗装することにします。




鐘尾さん、練習飛行へ出発です。 バリスティック エルロンロール(放物線状のエルロンロール)や、複数回のスピンを行って、スピン中の操縦系統の影響などを再確認しました。

このBlogをご覧になっている方はもうご存知でしょうが、「スピン中は失速しているためエルロンは効果を失う」とは迷信です。相対風が迎角を持って翼に当たれば、そこには何かしらの反応が起きます。スピン中にエルロンを回転方向に入れたら?反対方向は?エレベーターを操作したら?パワーが入ったら?楽しみは無限大です。




加えて、スナップロールにローリングターンなど、盛りだくさんでした。お疲れさまでした。

競技飛行は挑戦があり、楽しいものですが、つい飛行の本質を忘れてしまいがちになります。Back to Basics。ぜひお試しください。




作業も一段落しましたので、ラグナマウンテンに射撃に来ました。




鐘尾さん、Sig P229R、半自動式拳銃を楽しんでいます。




AR-7、サバイバルライフルと。鐘尾さん、お陰さまで作業が早く進みました。ありがとうございました。




エンジン側の作業も同時進行です。Powder Coatingしたエンジンマウントを取り付けます。




エンジンを取り付ける前に、後ろ側のバッフルを完成させます。




オイルクーラーのダクト部にバッフルシールを取り付けます。 




作成したバッフルがショックマウントに当たります。少し削ります。




まだ当たるかな?もう少し削ります。

続きます。

2017年1月28日土曜日

Pitts S-2S 整備作業 5


成形した左右のバッフル。 




バッフルシールを切り出して取り付けます。エンジンカウルとの隙間を塞ぎ、冷却風の漏れを防ぎます。




以前のバッフルシールは外側に取り付けていましたが、飛行中に圧力が高いのは内側です。密封性を高めるために内側に取り付けました。




所々に少し隙間が開いてしまいましたが、OKとします。




気分を変えて燃料系統の改善です。乱雑だった配管を整理しました。




このPitts S-2Sの燃料計は液面を表示する透明なチューブです。飛行中、前部燃料タンクの表示は残り約1/3になると止まってしまい、改善が必要でした。原因は透明チューブの下側からの配管(①)は前部タンクの中央付近Aの位置に取り付けてあったためです。さらに下側のヘッダータンクの前、Bの位置に変更したことで改善されることでしょう。




方向舵が溶接作業から帰ってきました。いい出来です。早速Epoxy Primerを塗布します。




仮付け。方向舵の下側部分の面積を増やし、着陸後の方向舵の力不足の問題を解消。そして、曲技飛行中の脚力不足に悩む私の解決策としてServo Tabを取り付けます。




方向舵のPrimerが固まるまで、バッフルの作業を行います。エンジンの左側後ろのバッフルは荷重で変形し、ヒビが入っていました。新しく作り直します。






ほぼ完成です。




バッフルの後側。Oil Cooler部の枠は損傷もなく、再利用できました。 




この冬は本当によく雨が降ります。池は今まで見たことがない大きさにまで成長しました。 




以前の最高水位のところに置いた棒は水の中です。記録更新です。




Primerが固まりました。方向舵の羽布 の作業を行います。






作業の途中ですが、再び仮付け。いい形です。 




雨雲が去って、この後数日は晴れが続くそうです。では、塗装用の格納庫の飛行機を出して・・・。 




この2か月の間に羽布の作業を行った部品7点に、塗装前の下塗りを行います。今夜は徹夜です。