2017年10月17日火曜日

2017年 全米曲技飛行選手権 4


ウィネバゴ湖


9月25日にノウン、26日にフリーを飛行して、また2日間自由時間になりました。次の飛行は最終日の29日に行われる、フリーアンノウンと4ミニットフリーです。空港にいるばかりでは退屈です。今日はオシュコシュの東に見えるウィネバゴ湖へ行ってみます。




上空からも対岸が見えないほどに大きく、これも五大湖の一つかと思ってしまいましたが・・・。




地図で確認すると、本物の五大湖はさらに桁違いに大きかったのでした。








動物園に来ましたが、運営は9月の最後の土曜日、先週末までだったそうです。冬が長く厳しく、こうした施設は夏の間だけというところが多いようです。




数日前までは暑い日が続いていましたが、今日は上着が必要なほど涼しくなりました。もう秋です。



29日午前に行われる予定のフリーアンノウンのシークエンスも作成しました。





先日上位10人の競技者から提出された、フリーアンノウンのフィギュアです。

これら10個のフィギュアと、さらに最大4つのオプショナル フィギュアを組み合わせ、フリーアンノウンのシークエンスを作成します。組み合わせは自由(フリー)、しかしそれぞれのフィギュアは練習する機会がないために未知である(アンノウン)ということで、フリーアンノウンと呼ばれます。

フリーアンノウンはここ4-5年の間に始まった、比較的新しいスタイルの競技です。PCがない時代なら、カタログ、ルールブック、計算機や定規を使って作成するのでしょうが、今ではOpenAeroなどのソフトウェアで作成し、ファイル形式で送付して承認を得ることが義務付けされています。競技者も作業を早く進められ、また多くのシークエンスを確認しなくてはならない運営側も、ワークロードを大幅に減らすことができます。


OpenAero https://openaero.net/




OpenAeroでフリーアンノウンのシークエンスを作成中。



さて、どのフィギュアから始めればいいのだろう?
このフィギュアはインバーテッド(背面)で終わるから、次に繋げるためには何かを加えないと・・・。
このフィギュアのループの頂点部分はダウンウィンドで行いたい・・・。


考えすぎると結局何も手が付かないまま時間だけが過ぎてしまいます。この際、適当に組み合わせて、手当たり次第に作ってみることにしました。




その1

できました。悪くはないと思いますが、次を作ってみます。




その2

フィギュア3からフィギュア5の間が厳しいでしょうか。向かい風が強ければできそうですが、無風のときに苦労しそうです。
また、フィギュア8からフィギュア11 までがダウンウィンド側に連なりました。却下です。




その3

悪くはなさそうですが・・・。もう1つ作れるかな?




その4

・・・これでいいでしょうか?フィギュア1、フィギュア6、そしてフィギュア10には不安がありますが、シークエンスとしては無理のない組み合わせに仕上がったと思います。

翌朝、このシークエンスは無事に承認されました。他の方々が作成したシークエンスと比べても、飛びやすいように思えます。これを使ってフリーアンノウンの飛行を行います。








今夜は作戦を練って、飛行を想定しながら練習を重ねます。




準備はできました。行けそうです。




おはようございます。最終日の朝です。


今日はほぼ真北から25KTS超で風が吹いてくる予報です。X軸上の、ダウンウィンド側に並んだフィギュアは飛行しやすくなりますが、フィギュア1のPループの頂点で曲線を表現し辛くなること、フィギュア10の下向きループの半径が大きくなることが懸念されます。




〈動画〉 20170929 アンリミテッドカテゴリー フリーアンノウン1


低い雲高のため、フリーブレイク(中断を任意で、ペナルティーなしで行うことができる)が認められました。しかし、北風に乗って流される機体に戸惑い、苦手なフィギュアに不安を抱え、これまでにないほどに冷静さを欠いた飛行になりました。

ノウン、フリーと、ここまではHZなしで飛行してきましたが、このフリーアンノウンではどうでしょうか?お時間がある方は、上の動画から間違い探しをどうぞ。




予定よりも大きく遅れましたが、次は最後のイベント、4ミニットフリー(4分間の時間制限付きの自由演技)です。1時間の休憩の後、ブリーフィング開始です。

2017年10月12日木曜日

2017年 全米曲技飛行選手権 3


オシュコシュに来てから3日間、計5回の練習ができました。1回10分のスロットですから、計50分はボックス内で飛行できたことになりますが、まだ慣れることができません。ここオシュコシュでの競技飛行は、これまで飛んできたどこの場所よりも難しいように思えます。




9月23日。選手権の開会式の前に外で記念写真です。




はい、並んで並んで!




現在のIAC会報の編集者を務めるエバンさんが、去年に続いて選手権の写真撮影をしてくださいました。




80人以上の競技者が参加し、それに近いボランティアの方々が支えてくださいました。

写真はこちらからどうぞ。
2017 全米曲技飛行選手権 フォトギャラリー https://www.iac.org/gallery/2017-us-national-aerobatic-championships




まだ開館前のEAA博物館で開会式です。貸し切りです。






前CIVA(国際曲技飛行団体)プレジデント、現IACプレジデントのマイク・ヒューワーさんのスピーチ。素晴らしいリーダーシップを持つ方です。




午後、競技開始です。まずはアドバンスドカテゴリーから。








今年の全米選手権では、2018年度のWAAC(アドバンスドカテゴリーの世界選手権)のUSチームの選別を行うため、アドバンスドカテゴリーは多くの参加者でにぎわいました。上位8位までが参加する権利を受けます。がんばってください!




アドバンスドカテゴリーの競技飛行に比重が置かれ、アンリミテッドの競技飛行は2日後の25日からでした。しばらくのんびりしていましたが、ついに競技開始です。




2017 IAC アンリミテッドカテゴリー ノウン(規定演技)シークエンス




〈動画〉 20170925 アンリミテッドカテゴリー ノウンシークエンス

HZ(ハードゼロ: 指定された飛行を行っていないことを理由とする0点)のない飛行が目標でした。今の私にとって、精度を理由とする減点は仕方がありません。HZはありませんでしたが、失敗を恐れる、不安な様子がよく判る飛行です。




UNLの飛行を終えて。格納庫で横に並んだRob Holland氏のMXS-RH。




彼は2011年から連続して全米曲技飛行選手権のチャンピオンになりました。 今年も素晴らしい飛行を行っていました。7回連続優勝に向けてがんばってください。




翌26日は、アンリミテッドカテゴリーのフリー(自由演技)です。




フリーシークエンス

練習で苦手なフィギュアが見つかり、直前で変更を行いました。飛びやすいシークエンスに仕上げましたから、落ち着いて飛行すれば大丈夫です。




〈動画〉 20170926 アンリミテッドカテゴリー フリーシークエンス

28KTS+の西風。風下側に追いやられる飛行になってしまいました。位置を冷静に判断して、確実に修正して飛行すればこのような結果にはならなかったのですが・・・。HZは回避できたものの、ポジショニング(位置)は悪く、とても残念です。




夕方は最終日に行うフリーアンノウン(上位10人の競技者がフィギュアを提出し、それらを自由に組み合わせて作成したシークエンスを飛行する)で飛行するフィギュアの提出が行われました。




上位の競技者は、非常に複雑に組み合わせたフィギュアを提出し、相手の失敗を誘います。私は可能な限り低いK-Factor(難易度)のフィギュア(6番)にしました。それでも、10個のフィギュアのトータルKは493になりました。


これらをどう組み合わせるかが勝負の鍵です。1日かけて飛行しやすいシークエンスを作成します。

2017年9月27日水曜日

2017年 全米曲技飛行選手権 2


競技会までの3日間、現地のエアロバティックボックスで練習飛行を行います。1回の飛行時間は10分。他にも参加者がいますので、公平に順番を決めて、手際よく進めます。




ただ、天気だけは仕方がありません。今朝は霧でIMC、昼過ぎまでこの様子だそうです。




飛行の準備と勉強で過ごしましょう。鐘尾さん、寒くはありませんか?




空港内のIAC パビリオン。2009年に競技飛行中の事故で亡くなった、Vicki Cruseさんの名前が見られます。




当時のIAC(米国曲技飛行クラブ)会長として、競技者や競技飛行の教育者として、とても素晴らしい方でした。




天気がよくなってきました。




CA州からお越しのケビンさん。参加者が次々にやってきて、賑やかになってきました。




滑走路横の草地ではグライダー部門の方々が集まっています。




ウィスコンシン州オシュコシュ、ウィットマン空港(KOSH)

緑色の線が1,000mx1,000mのアロバティックボックス、赤い線は若干の余裕を持たせたボックスの境界線です。赤い線を超えると、ボックスを外れたとして減点が与えられます。




〈動画〉 フリー(自由演技)の練習風景

ボックス内の上空の風は最大28KTS。競技飛行としては今まで経験したことのないほどの強い風で、ボックス内に留まるだけで精一杯でした。コーチである鐘尾さんから助言が助かりました。




EAAエアベンチャー博物館

鐘尾さんと私はEAAの傘下のIACの会員です。博物館の入場は無料。時間があるといつも遊びに行きました。


























手持式航空写真機・・・?




何と、昭和16年、日本製のカメラです。すごい!



まだ全部見ることはできません。また遊びに来ます。